転職に必要な面接のこと

転職は、面接時の挨拶で合否が決定する
転職をしたことがないという人にとって、意外と難しいのが面接官への挨拶です。ある程度社会人を続けていると、あまり丁寧すぎるのも場にそぐわないからといって簡単に済ませてしまいがちですが、実は面接時の挨拶は何よりも重要なものなのです。なぜなら、人の印象は3秒で決まるという言葉があるように、挨拶が出来ていないとその後の面接に激しく影響するのです。ここで失敗すると限られた時間の中でリカバリーはほぼ不可能。極端な言い方をすると挨拶の出来で転職の合否が決まるといっても良いでしょう。
さて、転職時の面接を円滑に進めるため、気をつけるべき点はたったの2点です。見ていきましょう。
●面接官が入ってきたら立つ
あなたが先に会場に通されて、後から面接官が入ってくるときは、ノックがったらすぐに椅子から立ち上がります。これをするだけで印象が全く変わります。
◆ あいさつする
テーブルを挟んで面接官が向かい合ったら、立ったまま挨拶をしてください。挨拶は簡単に名前を名乗って、時間をとっていただいたことに感謝の言葉を述べましょう。言い終わったら座ってもかまいません。
たった2点を気をつけるだけで印象は大きく変わります。挨拶が円滑に進めばその後の面接も話が進みやすくなります。頑張りましょう。
Copyright (C) 関西でやりがいのある仕事の求人を探す All Rights Reserved.