転職で年収がダウンしてしまった人

転職して年収ダウンが多い日本労働市場の現実
転職して年収が上がるケースは、意外と少ないです。それは、データとしてもはっきりと現れています。転職にも色々な種類があります。会社の業績が悪かったり、自身の成績がよくなくて、追い出し部屋や不当な扱いを受けて転職せざるを得なかったり、早期退職制度を用いて転職する人々も多いです。
こういう方々は、40歳以上であり、主に大企業で働いていた人々です。年収が上がるケースはまずありません。次にブラック企業や待遇が悪い会社に入った新卒者達がいます。
最近は、第二新卒と言われる人々の転職は、非常に多いです。
しかし、日本企業は、未だに新卒者を好む傾向にあり、転職者を好みません。会社のよさの一つの目安として、離職率が用いられますが、離職率の高い会社が、新卒だけでなく、第二新卒を積極的に採用していると言われており、再び転職や離職するケースが増えています。
こういうケースは、年収は下がりませんが、上がることもありません。
日本の転職において成功するのは、ヘッドハンティングやスカウトによる引き抜きです。
こういうハイクラスな転職は、年収が上がり成功します。層にして言えば、一割いるかいないかではないでしょうか。特別な技術を持っていたり、専門的な資格を有している人々に対しては、転職市場でもかなりのオファーがあり、待遇を改善させることが可能です。
年収アップが目的ではなく、スキルアップややりがい、プライベートを重視しての転職者も増えています。だから、一概には、年収の増減で成功かどうかを判断する事は出来ませんが、転職は、自分からしようと思うものではなく、他企業から求められてするものと言うことが出来るかもしれません。
Copyright (C) 関西でやりがいのある仕事の求人を探す All Rights Reserved.